統合失調症でもアフィリエイトで大きく稼ぐ秘訣と方法

統合失調症でもアフィリエイトで大きく稼ぐ秘訣と方法

【ちょっといい話】

読了までの目安時間:約 4分

 

【ちょっといい話】

 

今日は、ちょっといい話について

 

書きたいと思います。

 

 

 

 

 

ある日の出来事です。

 

 

普段口数が少なく、厳格な父。

 

私の結婚が決まった時、

 

私達が挨拶に行く前に、

 

母が父にそのコトを伝えた。

 

すると食べていたご飯を途中で全部残し

 

「風呂に入る」と言って風呂に行ってしまったまま

 

しばらく出てこなかったので、

 

心配した母がコッソリ風呂場にいくと

 

父が泣いていたらしい。

 

そして何事もなかったかのように振る舞い、

 

「もう寝る」と布団にもぐりまた泣いていたらしい…。

 

パパン…

 

 

 

お父さんは、何で泣いていたのでしょうか?

 

 

あなたは、どう思われますか?

 

 

 

私は、嬉しさ半分、寂しさ半分と言ったところでしょうか。

 

結婚するまでに成長したわが娘のことを誇りに思って

 

思わず涙がこぼれてきたのでしょう。

 

その反面、巣立っていって居なくなる娘のことを

 

思って泣いていたのでしょう。

 

あ、そうです。こういうのもありかもしれません。

 

娘を取られたための悔し泣きです。

 

さっきのは取り消します。

 

私に娘がいたのならば、悔し泣きです。

 

これしかありません。

 

娘が惚れた男を怨んで、悔し泣きです。

 

これで決まりです。

 

 

 

あなたはどう思われましたか?

 

あなたの感想をコメント欄に書いてください。

 

いろんな感想でいっぱいになるといいなあ。

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

 

=================================================

 

ふみちゃんの推薦無料オファー

 

http://ftsu.blue/url/lnk/84353663/

 

=================================================

 

ふみちゃんの推薦有料オファー

 

http://ftsu.blue/url/lnk/3ac92b25/

 

=================================================

 

images-15

 

ちょっといい話   コメント:0

【女子高生と父のちょっといい話】

読了までの目安時間:約 5分

 

【女子高生と父のちょっといい話】

 

今日は、女子高生と父のちょっといい話について

 

書きたいと思います。

 

 

 

 

 

お話は父の日のことでした。

 

 

 

高校生の頃、生まれて初めて

 

渡した父の日のプレゼントは

 

センスのないポプリと

 

素直になりきれなくてひねくれた感じの感謝の手紙。

 

 

父「お父さんこんなもの使わないよ(`・ω・´)」

 

 

私は腹立って部屋にこもった。

 

 

暫くしてそっと部屋の襖を開けると、

 

手紙を読みながらプルプル震える父の背中。

 

時々 ぐすっぐすっと鼻をすする音がしてた。

 

 

もうポプリの匂いはないけれど

 

お母さんの仏壇に飾ってある。

 

 

 

高校生のころと言えば、

 

ちょうど第2反抗期の時期です。

 

他の家庭では、プレゼントを渡さないのが

 

普通でしょう。

 

ここの家庭は、たぶん母親がすでに他界していて、

 

娘は、家事と仕事を両立している父親の

 

背中を見ていたのでしょう。

 

 

本当は素直にいつもの感謝の気持ちを

 

書き記した手紙と一緒に、

 

プレゼントを渡したかったのでしょう。

 

自分に苛立ちを覚えながらも

 

何とか父にプレゼントを渡したけれど、

 

父のそっけない一言に反抗してしまうことに。

 

 

父は父で、擦れている娘の手紙に

 

感極まって涙を見せる父親がそこにいます。

 

 

反抗期の娘と父親との確執が

 

あるようでないような関係が出ていて

 

非常に良い親子だと思いました。

 

 

私は結婚もしていないし、

 

子供もいないので想像でしか書けないのですが、

 

この頃の年代の娘さんを持ったお父さんは、

 

娘さんとの関係に悩まれている

 

お父さんが多いと思いますが、

 

娘さんのちょっとした気遣いや言葉の端々に

 

お父さんを尊敬しているところは感じませんか?

 

今一度、娘さんとの関係を

 

見直してみてはいかがでしょうか。

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

 

=================================================

 

ふみちゃんの推薦無料オファー

 

http://ftsu.blue/url/lnk/84353663/

 

=================================================

 

ふみちゃんの推薦有料オファー

 

http://ftsu.blue/url/lnk/3ac92b25/

 

=================================================

 

ph01

 

ちょっといい話   コメント:0

【クリスマスのちょっといい話】

読了までの目安時間:約 5分

 

【クリスマスのちょっといい話】

 

今日は、クリスマスのちょっといい話について

 

書きたいと思います。

 

 

 

 

 

物語の始まり、始まり...

 

 

 

私が小学生クリスマス前後の時の話です。

 

いつもは厳しく、テストで良い点を

 

とっても誉めてくれなかった父。

 

ホントに怖くて、いたずらをして

 

夜外に出されたこともあり父が苦手でした。

 

そんなある日、学校帰りに、

 

父がおもちゃ屋に入っていくのを見つけ、

 

つけていくと小学生の女の子が好きそうな、

 

おもちゃを手に眉間に皺を寄せる父。

 

考え込んでは近くにいる店員さんに何か話しかけ、

 

たまに近くにきた私と同い年の子と話をしたりしていました。

 

 

父が帰った後、店員さんに、

 

それとなく聞くと父は毎日、

 

来てはクリスマスのプレゼントを吟味しているとのこと。

 

翌日も張っているときました。

 

その次の日も、クリスマスイブまで毎日、考えていました。

 

 

 

思えば、父は毎日同じ時間に帰宅する人だったのに、

 

ある時から急に遅くなりました。

 

それは、おもちゃ屋通いが始まってからです。

 

あんな堅物な父がと、当時はとても嬉しかったです。

 

 

クリスマス翌日、

 

「サンタさんからプレゼントはあったか?」と聞く父に、

 

ニヤニヤしながら「サンタさんは〇〇〇屋で買ったんだよね、

 

一ヶ月前に日本に来て、下見してから」

 

と言うと、 Σ( ̄□ ̄;)!!な顔をしていました。

 

 

もう、そろそろ父が逝って3回目の夏がきます。

 

懐かしくて書き込んでしまいました。

 

 

 

お父さんのプレゼントを選ぶ姿が

 

目に浮かぶようですね。

 

頑固化父親が見せた思いやりのある一面。

 

実は優しい父親だったことがわかります。

 

プレゼントを選ぶ場面は本当に困っているところが

 

手に取ってわかるようですね。

 

娘さんを持つお父さんなら同じようなことが

 

あったのではないでしょうか。

 

毎年、娘のプレゼントは迷うんだよと。

 

 

あなたはどのように感じましたか?

 

感想を聞かせてください。

 

以下のコメント欄に書き込んでくださいね。

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

 

=================================================

 

ふみちゃんの推薦無料オファー

 

http://ftsu.blue/url/lnk/84353663/

 

=================================================

 

ふみちゃんの推薦有料オファー

 

http://ftsu.blue/url/lnk/3ac92b25/

 

=================================================

 

0bc290da7037e9202a3dab0417b1ea2e_s

 

ちょっといい話   コメント:0

【父と娘のちょっといい話】

読了までの目安時間:約 4分

 

【父と娘のちょっといい話】

 

今日は、父と娘のちょっといい話について

 

書きたいと思います。

 

 

 

 

 

私が中学生くらいのころ、

 

父が指に包帯巻いて帰ってきた。

 

私「どーしたのその指?」

 

父「ちょっと…ドアに挟んだ」

 

私「ふーん」

 

父はいわゆる頑固父。

 

当時は年齢的にもあんまり父と話さなかった。

 

その数週間後、

 

父の会社の部下が家に菓子折り持って訪ねてきた。

 

なんでもその部下が何かの病気の発作がおき

 

下手したら自分で舌を噛み切ってしまうので父が

 

とっさに自分の指を噛ませたらしい。

 

で一命をとりとめたと。

 

 

そのとき父が誇らしく見えました。

 

今でも傷跡がはっきりと残ってます。

 

そんなこんなで今は父と仲いいです。

 

無口で無骨なとこは相変わらずですが。

 

 

 

もし、私が父なら、

 

こんなことがあってなと話していたと思います。

 

 

多くを語らない父に憧れさえ持ちます。

 

 

色々な父親像と言うのがあると思いますが、

 

無口で無骨な父親って、嫌煙されがちですが、

 

そう言う父親って結構多いのではないでしょうか。

 

 

フレンドリーな父親もありかもしれませんが、

 

 

私は、無口で無骨な父親の方が好きです。

 

 

 

子供が持てたら、そう言う父親でありたいと思います。

 

 

 

あなたはこのような娘との関係を

 

どのように感じられましたか?

 

屈託のないご感想をお寄せください。

 

下のコメント欄にどしどし書き込んでください。

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

 

=================================================

 

ふみちゃんの推薦無料オファー

 

http://ftsu.blue/url/lnk/84353663/

 

=================================================

 

ふみちゃんの推薦有料オファー

 

http://ftsu.blue/url/lnk/3ac92b25/

 

=================================================

 

hqdefault

 

ちょっといい話   コメント:0

【父との娘のちょっといい話】

読了までの目安時間:約 4分

 

【父との娘のちょっといい話】

 

今日は、父と娘のちょっといい話をしたいと思います。

 

 

 

 

 

NEVERまとめよりの抜粋です。

 

始まり始まり...

 

 

高校生の頃、母親の再婚した相手(義父)と

 

喧嘩ばっかしてて、むしゃくしゃして

 

ちょっとした悪さをしていた時期があった。

 

 

で、それが義父にバレて1ヶ月ほど家を

 

追い出された事があったんだけど

 

他に行くあてが無い私を、

 

母親がみかねて別れた父親に連絡をとり

 

その父親の家で面倒見てもらうことになった。

 

 

当時の私には家を追い出された事が

 

とってもショックで

 

実の父が迎えにきた車に乗った途端、

 

号泣してしまったことがあった。

 

私が号泣してんの見て、

 

父が運転しながらおろおろしてたのを未だに覚えている。

 

 

父の家に行ってから3日後。

 

私はバイトが休みだったので家に居たら、

 

夜になって父が帰ってきた。

 

スーパーの袋に何故か猫缶。

 

左手に抱きかかえてたのは、

 

なんと仔猫。しかもアメショー。

 

猫なんて飼えないアパートなのに、

 

私を元気にしようと友人が里親募集してるのを

 

聞いてすぐさま貰ってきたらしい。

 

 

もちろん、「私を元気づけようと」なんて父は

 

口が重い人だから言わないけど

 

あれから数年経って、

 

やっとあの時の父の気持ちがわかるようになった。

 

 

最近あってないなぁ…

 

 

 

私はまだ結婚もしてないし、子供もいませんから

 

想像でしか書けないのですが、

 

娘を思う父の行動がたまらなく涙を誘いますね。

 

飼ってはいけない子猫をもらってくるときの

 

父の気持ちはどうだったでしょうか。

 

また、その子猫を見た時の娘の気持ちは

 

推し量るものがあります。

 

娘も成長し、その時の父の気持ちが

 

わかるようになったのは、

 

良い親子関係を続けてこれたからだと思います。

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

3b094108-s

 

ちょっといい話   コメント:0

【バス乗ってたら、座ってた男性が叫んだ】

読了までの目安時間:約 3分

 

【バス乗ってたら、座ってた男性が叫んだ】

 

先日バスに乗った時の話です。

 

偶然、次のような場面に出くわしました。

 

座ってた男の人が小声で携帯に出て何かを話していました。

 

と思った瞬間、急にでかい声で

 

「よっっっしゃぁ!」

 

と叫びました。

 

車内のびっくりした目が集まったのに気付いたのか、

 

急に顔真っ赤にしてペコペコしながら

 

「すっ、すいません!妻が今、出産して…」

 

と。

 

するとバスの運転手さんが

 

「わたくし安全運転、

 

時間厳守を心がけておりますので残念ながらスピードは出せませんが、

 

おめでとうございます。

 

安全に、時間通り、お客様方、お父様をお運び致します」

 

と放送を流しました。

 

男の人の近くに座ってたお婆さんが男の人に話しかけてて

 

「おめでとうねぇ」

 

「ありがとうございます」

 

「子供は可愛いわよぉ。大事にしてあげてね」

 

と会話していました。

 

病院前のバス停に着くと、

 

男の人は

 

「すみません、お騒がせしました。ありがとうございます」と

 

運転手さんに言って、

 

こけそうになりながら降りてダッシュしていきました。

 

いいもの見ました。

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

赤ちゃん

 

ちょっといい話   コメント:0

出会いのチャンスを探す