統合失調症でもアフィリエイトで大きく稼ぐ秘訣と方法

統合失調症でもアフィリエイトで大きく稼ぐ秘訣と方法

【幻想と妄想の中で】

読了までの目安時間:約 3分

 

【幻想と妄想の中で】

今日は、統合失調症について

書きたいと思います。





統合失調症の症状の中に、

幻想と妄想に侵される時期があります。

患者さんにとっては、

幻想や妄想は現実に起きている

こととしか認識できません。

現実に起きていることと、

幻想と妄想に違いがないのです。

周りから見ていると、

誰もいないのに話をしていたり、

誰かに見張られているという

恐怖観念があったり、

誰かが私の悪口を言っていると

騒いでみたり、

というふうに患者さんごとに

違った現象が違った形で現れます。

入院されている方のほとんどが、

この症状が出ている方ですね。

暴れて他人に危害を及ぼす場合は、

隔離部屋に監禁されたりもします。

自殺しようとする傾向が

現れた患者さんには、

ベットに拘束帯で身動きが

できないように固定したりもします。

一般的に精神科の入院病棟は

一般の患者さんとは別の建物に

なっています。

そして、患者さんの肉親でも

病棟内に入れないように

施錠されているのが普通です。

最近の精神科病棟は、

昔のように薄暗くいかにも

と言った病棟でしたが、

違っていて明るく近代的で、

病室での面会もできるように

なっています。

精神疾患を持った患者さんにとって、

どのような入院システムがいいのか

日々変化しています。


この情報があなたのためになれば光栄です。



最後まで読んでいただきありがとうございました。



お得な情報や知見を広げる情報を

提供させていただいております。

ご確認いただければ幸いです。
=================================================

ふみちゃんの推薦無料オファー

http://ftsu.blue/url/lnk/84353663/

=================================================

ふみちゃんの推薦有料オファー

http://ftsu.blue/url/lnk/3ac92b25/

=================================================

 

be2df5fec6503f0b70a62570ad734b4a_m

 

病気   コメント:1

【また眠れない日々が続くのか??】

読了までの目安時間:約 3分

 

【また眠れない日々が続くのか??】

今日は、睡眠薬の薬について

書きたいと思います。





私の統合失調症の症状の一つとして、

不眠というのがあります。

うつ病でも不眠症状が出ますが、

それと全く同じです。

もちろん、不眠の症状が出る場合は、

睡眠薬を処方されますが、

睡眠薬と言ってもたくさんの種類があります。

そして、人によってどの薬が合うか

どうかは分かりません。

試していって、眠れるようになる薬を探すのです。

私は不眠症状には悩まされました。

最近承認された新しい薬をすべて試しましたが、

眠れませんでした。

そこで最後の手段的発想で試した薬が、

古い薬のベゲタミンでした。

これは、効きましたね。

すんなり眠れるようになりました。

今までの不眠がウソのようでした。

これで府民から救われると大変喜びました。


しかし、そのベゲタミンが

今年いっぱいで生産中止になる

ということなんです。

これは一大事です。

また、眠れない日々が続くことになるのかと思うと

今から憂鬱でなりません。


今年最後の通院日は、12/28でした。

そこではまだ、ベゲタミンが処方されたので、

ホッとしました。

問題は、来年早々の通院の時に、

どの薬を処方してもらえるかです。

そして、その薬が効くかどうかが問題です。

担当医もベゲタミンに成分の同じ薬を

処方していただけることにはなっているのですが、

こればかりは実際飲んでみないと分かりません。

そして、抗精神病薬は、効き目がわかるのに

2週間から4週間かかります。

来年は、年明けからたいへんな調整が待っています。

どうなることやら、今から不安でしょうがありません。

しかし、そんなことを言っていてもしょうがないので、

前向きに考えて、必ず会う薬があると信じて、

過ごしたいと思います。



最後まで読んでいただきありがとうございました。



お得な情報や知見を広げる情報を

提供させていただいております。

ご確認いただければ幸いです。
=================================================

ふみちゃんの推薦無料オファー

http://ftsu.blue/url/lnk/84353663/

=================================================

ふみちゃんの推薦有料オファー

http://ftsu.blue/url/lnk/3ac92b25/

=================================================

 

humin4

 

病気   コメント:0

【やっぱりお風呂は気持ちいいよね】

読了までの目安時間:約 3分

 

【やっぱりお風呂は気持ちいいよね】

今日は、ゆず湯に入ったことについて

書きたいと思います。





思いっきり、個人的なことなんですが、

冬至(9/21)にゆず湯に入りました。

お風呂に入れたゆずは自家製です。

ゆずを筆頭に、ミカン、キューイ、

栗、ブルーベリーを栽培しております。

とは言っても、世話をしているのは

親父なんですけどね。

ボケ防止にはいいかなと思って、

何も言わずに見てみぬふりをしています。

今でしたら、ミカンかキューイが

食卓に上らない日はありません。

ブルーベリーは、ジャムにして、

朝食のヨーグルトに入れて食べます。

ヨーグルトはもちろん無糖です。

ブルーベリーヨーグルトの出来上がりです。


話はそれましたが、ゆず湯気持ち良かったです。

日頃はシャワーしかかからないので、

ゆずの香りのする湯船にのんびりと浸かれて、

一年分の疲れが取れました。

結局、1時間ほどお風呂に入っていて、

体がポカポカと暖かくなり、

日頃の疲れもあったせいか、

2時間ほどうたた寝をしてしまいました。

睡眠薬なしで寝るのなんて久しぶりです。

よく眠れたなと驚いております。

私の場合、統合失調症の症状として、

うつ状態と不眠状態が現れます。

ですので、睡眠薬なしでは、

寝れないのです。

それが睡眠薬なしで寝れたとはびっくりです。

話は、ゆず湯から病気の話になってしまいましたが、

本当にゆず湯は気持ち良かったです。

あなたの家でもゆず湯に入られた方が

いらっしゃると思います。

どうでしたか?

やっぱり、気持ち良かったですよね。

たまには、ビジネスや自己啓発の話から

離れるのもいいものですね。

たわいない我が家での些細な出来事でした。



最後まで読んでいただきありがとうございました。



お得な情報や知見を広げる情報を

提供させていただいております。

ご確認いただければ幸いです。
=================================================

ふみちゃんの推薦無料オファー

http://ftsu.blue/url/lnk/84353663/

=================================================

ふみちゃんの推薦有料オファー

http://ftsu.blue/url/lnk/3ac92b25/

=================================================

 

imgfc9f6563zik3zj

 

病気   コメント:0

【昔の統合失調症(精神分裂病)】

読了までの目安時間:約 3分

 

【昔の統合失調症(精神分裂病)】

今日は、昔の統合失調症(精神分裂病)について

書きたいと思います。





統合失調症は、2000年代に入ってから

そのように改名されましたが、

以前は、精神分裂病と言われていました。


今、私は、

「統合失調症 愛と憎しみの向こう側」岩崎春人 (著)

という本を読んでいます。

この本は、15年前に統合失調症にかかった妻と

その家族の闘病生活を綴った一冊です。


話は、奥様が取り乱し、どういう状況なのか

分からなくなっている状態となり、

救急車で病院に搬送されるところから始まります。

着いた病院では、精神病であることが告げられ、

入院することになります。それも精神病棟にです。

その当時は、今のようにマインドケアなど

の言葉もなく、精神病=異常者と認識されていた時代です。

ご主人はそれは苦労されたことだと思います。


では、奥様はどうして統合失調症に

なってしまったのでしょうか?

元々ストレスに弱い体質だったということで、

家事、育児、ご近所付き合いと、

ストレスのかかる仕事ばかりです。

旦那さんはと言うと、この時代は男は

仕事一筋、家事や育児は奥様任せ、

休日にちょっと面倒を見るくらいでした。

奥様に沿うと那須取れるがかかっていたことが

読んで取れます。多分これが原因でしょう。


その後、入院されていた奥様は、

投薬治療のおかげで、いったん退院なさいます。

そこで旦那さんは、奥様を実家で

療養させることになさいました。


今回はここまでです。

読み進めて、お伝えしたいことがありましたら、

第2弾を投稿したいと思います。



最後まで読んでいただきありがとうございました。



お得な情報や知見を広げる情報を

提供させていただいております。

ご確認いただければ幸いです。
=================================================

ふみちゃんの推薦無料オファー

http://ftsu.blue/url/lnk/84353663/

=================================================

ふみちゃんの推薦有料オファー

http://ftsu.blue/url/lnk/3ac92b25/

=================================================

 

schizophrenic8

 

病気   コメント:0

【パンダ渡辺さんの近況】

読了までの目安時間:約 5分

 

【パンダ渡辺さんの近況】

 

今日は、パンダ渡辺さんの近況について

 

書きたいと思います。

 

 

 

 

 

今日(12/9)の12:05付で、

 

IPAからメールが届きました。

 

パンダさんの近況を知らせる動画を

 

アップしたと言ったメールでした。

 

早速、IPAのサイトにログインして、

 

動画を拝見しました。

 

てっきり病室からの動画だと思っていたのですが、

 

退院されていて、ご自宅からの動画でした。

 

第1回目の投薬治療が終わったということで、

 

退院されたということでした。

 

 

投薬治療ということで、

 

免疫を活性化する薬を投薬することによって、

 

癌細胞を免疫力で退治しようと言った

 

内容の治療だったようです。

 

もちろん、副作用はあったようで、

 

免疫を活性化する薬が腸にも作用したらしく、

 

下痢と、40℃の高熱が出たようです。

 

私も、蝶は弱く、風邪を引いただけで

 

下痢になってしまいます。

 

ですので、下痢の苦しさはよく分かります。

 

大変な思いをされているんだなと改めて思いました。

 

 

その割には、前回病室から送られてきたときの動画のように、

 

ほほがこけていると言ったこともなく、

 

一見見た目では癌とは分からないご様子でした。

 

近々に、2度目の治療が開始されるということでしたので、

 

その時はまた入院されるのでしょう。

 

 

取りとめのない文章となってしまいましたが、

 

パンダ渡辺さんの近況でした。

 

 

癌という重い病気なのに、IPA生のことを考えられていて、

 

現在、IPAの第2期生の募集中です。

 

WE HAVE A DREAMプロジェクト

 

(Dreamersプロジェクト)に

 

あなたも参加しませんか?

 

参加して、自分も周りの人も幸せにしてあげましょう。

 

以下のURLにアクセスして、

 

メールアドレスを登録してもらうだけです。

 

http://ftsu.blue/url/lnk/6a89128d/

 

ご注意:アメブロの方は、別のブログのURLになっています。

そのブログのURLから登録してください。

 

みんなでパンダ渡辺さんが完治するように祈りましょう。

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

 

お得な情報や知見を広げる情報を

 

提供させていただいております。

 

ご確認いただければ幸いです。

=================================================

 

ふみちゃんの推薦無料オファー

 

http://ftsu.blue/url/lnk/84353663/

 

=================================================

 

ふみちゃんの推薦有料オファー

 

http://ftsu.blue/url/lnk/3ac92b25/

 

=================================================

 

hqdefault-2

 

病気   コメント:0

【統合失調症の治療方法】

読了までの目安時間:約 6分

 

【統合失調症の治療方法】

 

今日は、統合失調症の治療方法について

 

書きたいと思います。

 

 

 

 

 

まだ、本を読んでいる状態ですが、

 

今まで得た知識から治療方法について

 

解説したいと思います。

 

基本的には、薬物治療が行われます。

 

初期段階では、「不眠」「不安」「抑うつ」状態が

 

見られるため、ベンゾジアゼピン系睡眠薬と

 

抗うつ薬(SSRI)が処方されます。

 

私の場合も、現在も睡眠薬と抗うつ剤は

 

飲んでいます。

 

ただし、上記の症状が出ているからと言って、

 

全員が統合失調症になるわけではありません。

 

 

服薬が難しい場合は、

 

例えば、本人が病気だと思っていないなど、

 

そう言うときは、注射による薬物投与が

 

行なわれます。

 

 

投薬が行われてから、薬の効果が出始めるのには、

 

個人差があり、2週間から4週間ほどかかります。

 

ですから、通院の場合は、初めは2週間間隔で

 

行われるのが普通のようです。

 

 

統合失調症の治療には、

 

家族の協力が重要となってきます。

 

薬を飲んでいるかのチェックや、

 

その日、その日の調子がどうであるかなど

 

患者さんの行動に気を付てなければなりません。

 

少しでもおかしいと思えることがあれば、

 

担当医と密な連絡を取って、

 

医師の指示に従いましょう。

 

患者さんも少しでも疑問なことがあれば、

 

医師に確認して、指示に従うようにしましょう。

 

 

統合失調症の治療は、基本は薬物治療ですが、

 

回復期・安定期の患者さんには、

 

カウンセリングや作業場での作業を通じて、

 

社会復帰への足掛かりを築く必要もあります。

 

 

私の場合は、ストレスに過剰なほど弱いので、

 

復職せずに、自営業の道を選びました。

 

それの方が時間を自由に使えるからです。

 

休みたいときに休み、仕事をしたいときにし、

 

本当に恵まれた環境にあると思います。

 

これもすべて家族のおかげです。

 

本当に家族には心配のかけどうしで、

 

本当に良い家族に恵まれたと

 

感謝しております。

 

お父さん、お母さん、本当にありがとう。

 

 

前回も書きましたが、統合失調症は

 

初期の段階で対処すれば、

 

完治する病気です。

 

周りの人で、体調をくずされているような方が

 

おられましたら、精神科を受診するように

 

アドバイスしてあげてください。

 

よろしくお願いします。

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

 

お得な情報や知見を広げる情報を

 

提供させていただいております。

 

ご確認いただければ幸いです。

=================================================

 

ふみちゃんの推薦無料オファー

 

http://ftsu.blue/url/lnk/84353663/

 

=================================================

 

ふみちゃんの推薦有料オファー

 

http://ftsu.blue/url/lnk/3ac92b25/

 

=================================================

 

default_de0f76c4682b5c29e76174f271c14c47

 

病気   コメント:0

【統合失調症について今一度勉強中】

読了までの目安時間:約 5分

 

【統合失調症について今一度勉強中】

 

今日は、統合失調症について今一度勉強中について

 

書きたいと思います。

 

 

 

 

 

今まで、自分の病気のことについて

 

どういうものであるかと

 

思ったことがありませんでした。

 

そこで、勉強し直そうと思って、

 

本を読んでいます。

 

 

本読んでわかったのですが、

 

統合失調症には、4つの期間があります。

 

1.前駆期

 

2.急性期

 

3.休息期

 

4.回復期・安定期

 

 

それぞれ簡単に説明させていただきます。

 

1.前駆期

 

不安、抑うつ、不眠などの症状が現れます。

 

2.急性期

 

幻覚、妄想などの陽性症状が強く表れます。

 

3.休息期

 

無気力、抑うつ、倦怠感などの陰性症状が現れます。

 

4.回復期・安定期

 

気持ちにゆとりが出てきて、周囲への関心が戻ります。

 

1.→2.→3.→4.と時間とともに

 

症状が変化していきます。

 

 

私の場合は、2.の期間の時に病院にかかりました。

 

1.の期間の症状が出始めてすぐに、

 

病院にかかっていれば、完治もあったようです。

 

私の場合は、手遅れでした。

 

一生投薬治療が続くことになりました。

 

 

今は、4.の期間になります。

 

薬の調整を終わり、その薬を飲むことで、

 

一定の生活に耐えられる状態が確保できています。

 

 

統合失調症の患者数は、76万人です。

 

癌患者が140万人ですから、

 

そんなに珍しい病気ではないようです。

 

ということは、誰でもかかる可能性が

 

あるというわけです。

 

もし、周りの人で、最近塞ぎ込んでいる人や

 

不眠を訴えている人がいましたら、

 

精神科を受診するように勧めてあげてください。

 

統合失調症は、早期に発見すれば、

 

完治する病気です。

 

ご協力を頂ければ幸いです。

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

 

お得な情報や知見を広げる情報を

 

提供させていただいております。

 

ご確認いただければ幸いです。

=================================================

 

ふみちゃんの推薦無料オファー

 

http://ftsu.blue/url/lnk/84353663/

 

=================================================

 

ふみちゃんの推薦有料オファー

 

http://ftsu.blue/url/lnk/3ac92b25/

 

=================================================

 

skeika

 

病気   コメント:0

【統合失調症の持病を持つ私の仕事の仕方】

読了までの目安時間:約 6分

 

【統合失調症の持病を持つ私の仕事の仕方】

 

今日は、統合失調症の持病を持つ私の仕事の仕方について

 

書きたいと思います。

 

 

 

 

 

私は、20時に寝て、04時に起きます。

 

そして、頭がクリアーなうちに、

 

1日分の仕事を09時ぐらいまでにしてしまいます。

 

まず、初めにするのは、メールのチェックです。

 

返信が必要なものにはこの時に

 

一気に返信してしまいます。

 

次に、アメブロやフェイスブックの

 

いいねや読者申請のツールの設定です。

 

長時間パソコンの前に座っていられない私は、

 

いいねや読者申請をなどパソコンでできる者は

 

すべてパソコンに任せています。

 

ですので、私にとってツールは必需品なのです。

 

それから、アメブロとフェイスブックの読者申請の

 

承認をして、ありがとうメッセージを書きます。

 

その後、アメブロやWordPressブログ、

 

フェイスブックへの投稿記事を書きます。

 

これが一番時間がかかります。

 

病気のせいで記憶力が低下しているので、

 

昨日おこったことや

 

読書で読んだことを覚えていられないので、

 

本を片手に、記事を書きます。

 

そして、自動投稿ツールに設定して、

 

記事を書く作業は終わりです。

 

これで1日分の仕事は終わりです。

 

後は、ベットで横になりながら、

 

好きなクラシック音楽を聴きながら、

 

読書をします。

 

読書と言っても、漫画や小説ではなく、

 

ビジネス書や自己啓発本の類です。

 

読書で大量のインプットをしておいて、

 

投稿記事を書くことでアウトプットをしています。

 

そうやって、少しずつではありますが、

 

知識を増やしています。

 

後は、1時間に一回の割合で、

 

パソコンに向かって、読者申請の承認や

 

読者申請した方が承認してもらった場合は、

 

メッセージを送ったりします。

 

もちろん、メールのチェックもします。

 

必要なら返信もします。

 

そして、18時が来たら今日の仕事は終わりです。

 

18時から寝る20時までの2時間で、

 

夕食と入浴をすませ、あとは自由時間です。

 

 

いかがでしたでしょうか?

 

これが、私の1日です。

 

結構仕事してないことに気付きます。

 

ちょっと仕事の量を増やさないと

 

稼げませんよね(笑)

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

 

お得な情報や知見を広げる情報を

 

提供させていただいております。

 

ご確認いただければ幸いです。

=================================================

 

ふみちゃんの推薦無料オファー

 

http://ftsu.blue/url/lnk/84353663/

 

=================================================

 

ふみちゃんの推薦有料オファー

 

http://ftsu.blue/url/lnk/3ac92b25/

 

=================================================

 

pixta_17177783_m

 

病気   コメント:0

【病歴書 退職編】

読了までの目安時間:約 6分

 

【病歴書 退職編】

 

今日は退職について書きたいと思います。

 

 

 

 

 

結局、休職→復職をくり返すようになり、

 

このままでは駄目だと思いながらも

 

何もせずに日々が過ぎていきました。

 

 

 

ある日、朝起きようとしたときに、

 

ひどいめまいに襲われました。

 

 

頭を動かすと、くるくるとめまいが襲います。

 

これでは車通勤でしたので、

 

会社に行けません。

 

その日は、会社を休み、

 

大きな病院に行くことにしました。

 

 

耳鼻咽喉科に行くように言われ、

 

診察では、めまい症だということがわかりました。

 

 

 

これも、ストレスからくる病気だということでした。

 

 

 

めまい症は、直す方法がなく、

 

慣れるしかないということでした。

 

またもやストレスが原因で、病気が増えました。

 

 

これは、もう会社を辞めるしかないと思うようになりました。

 

 

会社には、めまい症で会社に行くことができない旨を伝え、

 

1か月間休んで様子を見ることにしました。

 

 

 

1か月が経ちましたが、一向に病状は好転せず、

 

日々めまいとの戦いでした。

 

 

 

ここで、決心がつきました。

 

 

 

これ以上会社に行っていると、

 

病気で会社に殺されてしまう。

 

もう辞めるしかない。

 

 

 

退職することを上司にメールで知らせ、

 

労いの言葉もなく、

 

淡々と退職の処理が行われていきました。

 

 

もう辞める人間には興味がないといった印象を受けました。

 

23年間会社に尽くしてきた私にとっては、

 

非常に寂しい思いをしました。

 

 

 

退職にあたり、私が感じたことは、

 

ストレスがどれほど怖いものであるかどうかです。

 

統合失調症もストレスによって病状が悪化するという

 

悪循環をもたらし、今度は、めまい症まで

 

引き起こしてしまいました。

 

現在は、会社というストレスから解放され、

 

めまい症もほとんど起こらなくなり、

 

統合失調症の病状も安定しています。

 

ストレスがどれだけ人を蝕んでいるか、

 

つくづく思い知らされました。

 

会社を辞め、フリーエージェントになって

 

本当に良かったと思っています。

 

 

 

あなたも、もし、原因不明の病気でなんでいるのなら、

 

一度、ストレスが絡んでいないか、

 

調べてみてはどうでしょうか。

 

多分、ストレスが原因ということがあるかもしれませんよ。

 

その時は、フリーエージェントになることをお勧めします。

 

ストレスレスの生活があなたをあなたらしく生きることが

 

できるようになれます。

 

 

 

これで、病歴書のシリーズは終わりです。

 

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

 

あなたが、ストレス(病気)から解放され、

 

健やかな生活が送れるように祈っております。

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

013c4ba3bf5fe5680b8f597d043193b49f94b2a612

 

病気   コメント:0

【病歴書 再休職編】

読了までの目安時間:約 5分

 

【病歴書 再休職編】

 

今日は再び休職したことについて書きたいと思います。

 

 

 

 

 

復職してから、1年半が過ぎようとしていたころ、

 

夜中に目を覚ますようになり始めました。

 

今まで、いつもぐっすり眠れていたのに、

 

突然目を覚ますようになってしまいました。

 

 

 

たまたま目を覚ましたのだろうと頬っておきました。

 

 

 

すると、数週間たったころから、

 

夜眠れなくなり、やる気もだんだん低下していきました。

 

 

 

これはおかしいと思った私は、いつも通っている病院に

 

行くことにしました。

 

 

 

診察時に、経緯を話をすると、

 

取りあえず、2週間休むように言われました。

 

 

 

薬も追加され、これで様子を見ようと言われました。

 

 

 

会社には、調子が悪いので2週間休むことを連絡し、

 

有給休暇から2週間を取得することにしました。

 

 

 

病状は2週間たってもよくならず、

 

逆に悪くなる一方でした。

 

夜は眠れなくなり、意欲も低下していきました。

 

 

病院に行くと、当分会社を休むように言われました。

 

 

会社には、休職願を提出し、

 

本格的に病気と向き合うことにしました。

 

 

 

少しでもおかしな兆候が出れば、

 

病院へ行くという日々が過ぎました。

 

 

 

結局半年ほど休むことになり、

 

また、復職支援プログラムのお世話になって、

 

復職しました。

 

 

 

今回の休職を自分なりに分析すると、

 

知らない間にストレスによって、

 

チョッとずつ体調が変化していたのだと思います。

 

 

 

本当にストレスと言うのは怖いものだとつくづく思います。

 

 

 

現在は、ストレスフリーの生活が送れているので、

 

フリーエージェントとはこのような病気を持った者には

 

非常に働きやすい職業だと思います。

 

フリーエージェントを選んで正解だっとと思います。

 

 

 

次回は、退職編をお送りします。

 

楽しみに待っていてくださいね。

 

それではまた明日!

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

011bebc1d03e0f296f3a286eaa8b701f0fab76d174

 

病気   コメント:0

出会いのチャンスを探す