統合失調症でもアフィリエイトで大きく稼ぐ秘訣と方法

統合失調症でもアフィリエイトで大きく稼ぐ秘訣と方法

見出しのチェックポイント

読了までの目安時間:約 3分

 


情報商材 ブログランキングへ
見出しのチェックポイント

 

SNSコピーライティングアドバイザー@ふみちゃん(辻川文人)です。

 

見出しを評価するときに使えるチェックポイントを挙げます。

 

・広告を読めばベネフィットか見返りがあることを、

 

見出しで明らかにしているか?

 

・見出しは明瞭でストレートか?

 

言いたいことを手短にシンプルに伝えているか?

 

・見出しはこれ以上具体的にできないか?

 

・力強いセールスメッセージ、

 

 

斬新でドラマチックな表現で読み手に訴えかけ、

 

注意を引きつけているか?

 

 

・論理的に考えて見出しは商品に関連のあるものか?

 

・見出しとビジュアルはうまく連携して全体の販売コンセプトを気付き上げているか?

 

・見出しで読み手の好奇心を喚起してコピー本文に誘導できているか?

 

・見出しで対象者を選別できているか?

 

・見出しにブランド名は入っているか?

 

・見出しに広告主の名前は入っているか?

 

・ブラインド見出しを避けよ。

 

・無為にな言葉遊び、ダジャレ、小細工など妙なトリックを使うな。

 

面白い広告には一躍買うかもしれないが、これで商品は売れない。

 

 

 

一部、以下より引用。
セールスライティング・ハンドブック
「売れる」コピーの書き方から仕事の取り方まで
ロバート・W・ブライ著
鬼塚俊宏監訳
南沢篤花訳


情報商材 ブログランキングへ

 

コピーライティグ   コメント:0

効果的な見出しを書くための4U原則

読了までの目安時間:約 4分

 


情報商材 ブログランキングへ

効果的な見出しを書くための4U原則

 

SNSコピーライティングアドバイザー@ふみちゃん(辻川文人)です。

 

見込み客が広告を見て、

 

読むか読まずに次のページに行くのを決めるのは、

 

基本的には主に見出しです。

 

どうすればほんの数秒で、

 

忙しい見込み客に

 

この広告は注目する価値があると

 

思わせることができるだろうか?

 

それには、「4U」というセールスライティングの原則が役に立ちます。

 

これは、お急ぎください(Urgent)、

 

ユニーク(Unique)、超具体的(Ultraspecific)、

 

有益(Useful)の略です。

 

 

 

1.お急ぎください

 

読み手にあとではなく今すぐ行動する理由を与えます。

 

時間の要素を見出しの中に入れれば、

 

この急ぐという感覚を引き出せます。

 

2.ユニーク

 

効果的な見出しというものは、

 

何か新しいことを言っているか、

 

あるいはすでに読み手が知っている話なら、

 

それを新しいフレッシュな形で表現しているものです。

 

3.超具体的

 

超具体的な箇条書きは「誘惑」として知られていて、

 

読み手をその気にさせて、先を読ませ、

 

商品を注文させます。

 

4.有益

 

力強い見出しは、

 

利益を強調することで読み手の興味をかき立てます。

 

 

 

 

 

さて、自分で見出しを書いたら、この4Uに照らして、

 

その効果を自問自答してみましょう。

 

評価は1から4(1が低く、4が高い)で、

 

1つ1つのUについて点数をつけます。

 

四つのU全てで3や4の点数がつくことは稀でしょう。

 

しかし、少なくとも三つのUで3または4がつかなかったら、

 

その見出しはおそらくまだ改良の余地があるということです。

 

そして、書き直せば効果が上がる可能性があります。

 

 

 

 

 

一部、以下より引用。
セールスライティング・ハンドブック
「売れる」コピーの書き方から仕事の取り方まで
ロバート・W・ブライ著
鬼塚俊宏監訳
南沢篤花訳

 


情報商材 ブログランキングへ

 

コピーライティグ   コメント:0

8タイプの基本的な見出しの型

読了までの目安時間:約 4分

 


情報商材 ブログランキングへ

8タイプの基本的な見出しの型

 

SNSコピーライティングアドバイザー@ふみちゃん(辻川文人)です。

 

1.単刀直入な見出し

 

単刀直入な見出しは、

 

売り込みのポイントをそのまま直接的に伝えています。

 

 

 

2.婉曲的な見出し

 

婉曲的な見出しは、遠回しにポイントを明らかにします。

 

好奇心をかき立て、

 

そこで湧いた疑問にコピー本文で答えます。

 

 

 

3.新しいことを売りにする見出し

 

もし製品のニュースを受け取ったら、

 

それを見出しに組み込みましょう。

 

このニュースは新製品の紹介の場合もあるだろうし、

 

既存の製品の改良の場合もあるでしょう。

 

 

 

4.ワウツー型見出し

 

「~する方法」という意味であるハウツー型見出しは、

 

 

確かな情報、適切なアドバイスや問題点の解決策を匂わせるものです。

 

 

 

5.質問形式の見出し

 

質問景色の見出しの効果を高めるには、

 

読み手の共感がえらっる質問、

 

答えを知りたいと思う質問をしなければなりません。

 

 

 

6.命令形式の見出し

 

命令形式の見出しは、

 

見込み客にすべきことを伝えて売上を発生させます。

 

命令形式の見出しの場合、

 

読み手に行動を起こさせる緊急性の高い内容であることが必要です。

 

 

 

7.セールスポイントを箇条書きで挙げる

 

コピー本文の簡単で効果的な書き方の一つに、

 

商品のセールスポイントをシンプルに箇条書きで挙げるという手があります。

 

見出しの終わりには「~の理由」や「5つの方法」、

 

「7ステップ」などが考えられます。

 

 

 

8.証言形式の見出し

 

証言形式の見出しでは、

 

顧客が皆さんに変わって商品を売ってくれます。

 

証言形式の広告を用いれば、

 

その会社が顧客を満足させていることが証明できるので、

 

これは効果的です。

 

 

一部、以下より引用。
セールスライティング・ハンドブック
「売れる」コピーの書き方から仕事の取り方まで
ロバート・W・ブライ著
鬼塚俊宏監訳
南沢篤花訳


情報商材 ブログランキングへ

 

コピーライティグ   コメント:0

見出しの四つの機能とは?

読了までの目安時間:約 4分

 


情報商材 ブログランキングへ

見出しの四つの機能とは?

 

SNSコピーライティングアドバイザー@ふみちゃん(辻川文人)です。

 

見出しには以下の4つの役割があります。

 

1.注意を引きつける

 

2.対象者を選別する

 

3.こちらのメッセージを完璧に伝える

 

4.読み手をコピー本文に誘導する

 

 

 

では、見出しがどのように機能を果たしているか見てみましょう。

 

1.注意を引きつける

 

これまでのところで、

 

見出しがどれだけ読み手の利益に訴えるかを見てきました。

 

もし、「無料」という言葉を使って法に触れないなら使うといいです。

 

セールスライターの使う辞書の中で無料ほど強力な言葉はありません。

 

その他、読み手の注意を引きつける強力な言葉には、

 

「~する方法」「なぜ」「セール」「お急ぎください」

 

「バーゲン」「最後のチャンス」「保証」「○○でこうなった」

 

「実証済み」「お得」などがあります。

 

 

2.対象者を選別する

 

例えば、65歳以上の人を対象に生命保険を売り込んでいると仮定しよう。

 

その場合、若年層から問い合わせの来る広告を書いても意味がない。

 

 

3.こちらのメッセージを完璧に伝える

 

読み手の5人中4人は見出しだけ読んで、

 

あとは飛ばしてしまいます。

 

だから見出しで言いたいことを完全に伝えてしまわなくてはなりません。

 

 

4.読み手をコピー本文に誘導する

 

多くの商品は、読み手にもっと多くの情報を伝える必要があります。

 

その情報が書かれているのは、セールスコピー本文です。

 

したがって、広告の効果を上げるには、

 

見出しで読み手をこの本文に誘わなければなりません。

 

 

 

一部、以下より引用。
セールスライティング・ハンドブック
「売れる」コピーの書き方から仕事の取り方まで
ロバート・W・ブライ著
鬼塚俊宏監訳
南沢篤花訳


情報商材 ブログランキングへ

 

コピーライティグ   コメント:0

注意喚起する見出しの心理学

読了までの目安時間:約 3分

 


情報商材 ブログランキングへ

注意喚起する見出しの心理学

 

 

 

SNSコピーライティングアドバイザー@ふみちゃん(辻川文人)です。

 

今回は、”注意喚起する見出しの心理学”について解説したいと思います。

 

 

 

広告の第一印象が悪ければ、

 

その広告は、読んでもらえません。

 

逆に、第一印象がよければ、

 

その広告は、読んでもらえます。

 

では、「第一印象」とはどういうものなのでしょうか。

 

・印刷広告なら見出しやビジュアル、

パンフレットなら、表紙

 

・ウェブサイトなら、ホームページの画面が与える印象

 

・セールスライティングを使ったメールマーケティングのポイントは、

「送信者欄と件名欄」

 

本文がいくら良いことが書かれていても、

 

製品がいくら良いものであっても、

 

注意を引きつけなければ、

 

その広告で商品は売れません。

 

プロの広告屋ならそのことはよく知っています。

 

優秀なセールスライターなら、

 

商品の訴求ポイントを見出しに入れます。

 

効果的な見出しは、読み手にこう呼びかけます。

 

「ここにあなたの欲しいものがありますよ!」と。

 

 

 

つまり、

 

効果的な見出しというものは、

 

読み手の気を引きつける情報を提示しています。

 

 

 

 

 

一部、以下より引用。
セールスライティング・ハンドブック
「売れる」コピーの書き方から仕事の取り方まで
ロバート・W・ブライ著
鬼塚俊宏監訳
南沢篤花訳

情報商材 ブログランキングへ

 

コピーライティグ   コメント:0

注意を引きつけるコピーの書き方

読了までの目安時間:約 2分

 


情報商材 ブログランキングへ
注意を引きつけるコピーの書き方

 

SNSコピーライティングアドバイザー@ふみちゃん(辻川文人)です。

 

今回は、”注意を引きつけるコピーの書き方”について解説します。

 

雑誌や新聞には、数多くの広告が掲載されています。

しかし、その大半は、読者に読まれることはありません。

それは、どの広告も読まれようと

競い合って主張し合っているからです。

これこそ、セールスライターが、

自分の広告やCMに注意を引きつけるために

アイデアを駆使しなければならない理由です。

Web、雑誌、テレビ、忙しい重役のメールボックスなどに

ちょっと目を通してみれば、溢れるほどの広告が

消費者の注意をひこうとしのぎを削っているのがわかります。

さすがにこれだけの情報が増えてくると、

その中から、ある1つの物に注意を引きつけるのは、

かなりの技術と努力が必要であります。

広告で、注意を引きつけるのは、見出しの仕事です。

いい見出しが出来上がれば、

その広告の大半は完了したのも同じです。

 

つまり、

いい見出しとは、読者を引きつける見出しであり、

その見出しが完成すれば、

広告の大半は完成したのも同じであります。

 

 

一部、以下より引用。
セールスライティング・ハンドブック
「売れる」コピーの書き方から仕事の取り方まで
ロバート・W・ブライ著
鬼塚俊宏監訳
南沢篤花訳


情報商材 ブログランキングへ

 

コピーライティグ   コメント:0

インターネットでセールスライティングは変わったか

読了までの目安時間:約 5分

 


情報商材 ブログランキングへ
インターネットでセールスライティングは変わったか

 

 

 

SNSコピーライティングアドバイザー@ふみちゃん(辻川文人)です。

 

 

 

その答えは、「Yes」です。

 

 

 

インターネットは、

 

そのスピードやアクセスの容易さ、

 

手軽さ、コストの低さにおいてマーケティングを革新しました。

 

 

 

Eメールを使ったマーケティング・キャンペーンは、

 

郵便や雑誌広告、テレビCMなどによるキャンペーンより速く、

 

手軽で、費用もはるかに安いです。

 

 

 

しかし重要なのは、

 

オフラインではなくオンラインで

 

こちらのメッセージを読んだからといって、

 

本質的な人の購買心理は変わらないということです。

 

 

 

インターネットで何か変わったか? 答えはイエスです。

 

次に私が気付いた変化を挙げておきましょう。

 

これらは小さいことだが重要です。

 

そして必要に応じて、

 

これらのアドバイスを適宜修正していきます。

 

 

 

1.インターネットやコンピュータ、ビデオゲーム、

 

その他の電子媒体により、

 

人の注意を持続させられる時間は短くなりました。

 

書くことについては、

 

これまでも簡潔であることが良しとされてきたが、

 

今はそれがさらに重要になっています。

 

 

 

2.消費者は今、

 

かつてないほどの膨大な量の

 

メッセージや情報に悩まされています。

 

これはつまり、多くの広告は埋もれてしまうということです。

 

だから、成功するセールスコピーは、

 

読み手が常日頃思っていることを理解し、

 

そのニーズや願望、恐れに触れることで、

 

読み手に関係のある話として書かなければなりません。

 

 

 

3.インターネットの普及により消費者は、

 

目が肥えて誇大広告をすぐに見抜くようになり、

 

より懐疑的になってプロモーションを避ける術を覚え、

 

自分のためになる広告を好むようになりました。

 

消費者の知性を正しく認め、見下した物言いをせず、

 

自分の抱えている問題を解決したり、

 

購入の意思決定をしたりする上で役立つ情報を伝えてくれる広告。

 

そんな広告を好むようになりました。

 

 

 

4.見込み客は現在、かつてなほど忙しくなり、

 

ゆったりとした時間が持てなくなっています。

 

入手の利便性とスピードが、

 

時間の節約につながるため、

 

今日では大きなセールスポイントになります。

 

 

 

5.広告業者には現在、

 

商品情報の掲載に関して、

 

印刷媒体とオンライン、

 

そしてその組み合わせという選択肢があります。

 

 

 

一部、以下より引用。
セールスライティング・ハンドブック
「売れる」コピーの書き方から仕事の取り方まで
ロバート・W・ブライ著
鬼塚俊宏監訳
南沢篤花訳

情報商材 ブログランキングへ

 

コピーライティグ   コメント:0

セールスライティングとは(パート2)

読了までの目安時間:約 3分

 


情報商材 ブログランキングへ

セールスライティングとは(パート2)

 

 

 

SNSコピーライティングアドバイザー@ふみちゃん(辻川文人)です。

 

今回から数回にわたって、

 

「セールスライティング」について

 

書いていきたいと思います。

 

まず、第2回目は、以下の通りです。

 

 

 

クリエイティブな仕事に携わる人であれば、

 

当然カッコいいコピーを書き、

 

魅力的なプロモーションを制作したいと思うでしょう。

 

だが、本来広告のプロとしてすべきことは、

 

最小限のコストでクライアントの売り上げをあげることです。

 

もし、プロページの広告よりも案内広告の方が効果的なら、

 

そちらを使うべきです。

 

もし、シンプルな文字だけのレターの方が

 

フルカラーのパンフレットより効果的なら、

 

 

文字だけのレターを送るべきなのです。

 

 

実際、広告の目標が売ることだと分かれば、

 

売れるコピーを書くのにも創造的な難しさがあることがわかるでしょう。

 

この「売る難しさ」は、

 

アーティスティックな難しさとはまるで違います。

 

カッコいいおしゃれな文章を考えるのではなく、

 

製品やサービスを深く探求し、

 

消費者がその製品を買いたいと思う理由を

 

見つけ出してコピーで訴えかけ、

 

消費者がその高禄を読んだら反応するようにしなければなりません。

 

こちらの主張に説得力があり、

 

読み手がその広告の商品を買いたいと思わずにはいられなくなる、

 

そんなコピーが必要なのです。

 

 

一部、以下より引用。

セールスライティング・ハンドブック

「売れる」コピーの書き方から仕事の取り方まで

ロバート・W・ブライ著

鬼塚俊宏監訳

 

南沢篤花訳


情報商材 ブログランキングへ

 

コピーライティグ   コメント:0

セールスライティングとは(パート1)

読了までの目安時間:約 4分

 


情報商材 ブログランキングへ

 

 

セールスライティングとは

 

 

 

SNSコピーライティングアドバイザー@ふみちゃん(辻川文人)です。

 

 

今回から数回にわたって、

 

「セールスライティング」について

 

書いていきたいと思います。

 

まず、第1回目は、以下の通りです。

 

 

 

 

 

「セールスライターとはタイプライター(PC)を

 

前にしたセールス担当者である」

 

セールスライターという語の定義として最高の物でしょう。

 

セールスライターとして犯す最大の過ちは、

 

広告を素人と同じ目線で見て判断してしまうことです。

 

これは、せっかくのコピーが、

 

クライアントの時間とお金を

 

浪費させてしまうだけのものになります。

 

広告の目的は、人に気に入ってもらうことではなく、

 

人を楽しませることでも、

 

広告賞を受賞することでもない。

 

広告の目的は、商品を売ることであります。

 

広告は目標を達成するための手段であり、

 

広告主にとってのその目標とは、

 

売り上げを伸ばすことです。

 

そして利益を増大させることです。

 

これはいかにも単純明快な話なのだが、

 

広告のプロでそれをしっかり認識している人は少ないです。

 

彼らは、実に凝った広告、美しカタログ、

 

最高の長編映画にも匹敵するほど

 

アーティスティックなCMを作ります。

 

しかし、ときとして売り上げの増加という目的を見失い、

 

自分たちは実際アーティストでも、エンターテイナーでも、

 

 

映画製作者でもなく、

 

「タイプライター(PC)を前にしたセールス担当者」

 

なのだという事実を忘れてしまいます。

 

簡素に仕上げた飾らないシンプルかつダイレクトな広告が、

 

立派な売り上げを実現することだって珍しくはないです。

 

 

 

一部、以下より引用。
セールスライティング・ハンドブック
「売れる」コピーの書き方から仕事の取り方まで
ロバート・W・ブライ著
鬼塚俊宏監訳
南沢篤花訳

 

情報商材 ブログランキングへ

 

コピーライティグ   コメント:0

【ネットビジネスをやっている訳】

読了までの目安時間:約 4分

 


情報商材 ブログランキングへ
【ネットビジネスをやっている訳】

 

SNSコピーライティングアドバイザー@ふみちゃん(辻川文人)です。

 

今回は、私がネットビジネスをやっている訳を

 

書きたいと思います。

 

一言でいえば、「安心」を得るためです。

 

お金がほしいからじゃないのと

 

思われる方もおられると思いますが、

 

その通りですお金も欲しいです。

 

お金に心配しない、時間に心配しない、

 

そうなったときに「安心」が得られると思っています。

 

その「安心」をまず自分が得ることを

 

第一段階と思っています。

 

そして、第二段階は、

 

親を「安心」させることだと思っています。

 

親を「安心」させるとは、

 

私がネットビジネスで独り立ちし、

 

親の面倒も見れるようになった

 

状態のことを言っています。

 

最後に、第三段階として、

 

世の中を「安心」させたいと考えています。

 

世界には、たくさんの飢餓状態の子供や

 

戦争孤児などがいます。

 

その子供たちを助けたいのです。

 

その為にも、ネットビジネスで

 

成功する必要があるのです。

 

私も最大限の努力をします。

 

ですから、あなたにも協力してほしいのです。

 

よろしくお願いします。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

辻川文人

 

----------------------------------------------------------------------------------------
アフィリエイトで大きく稼いだ秘訣と方法: http://fumihitotsujikawa.biz/
----------------------------------------------------------------------------------------
LINE ID: ftsujikawa

スマートフォンの方は以下のURLから友達追加ができます。
http://line.naver.jp/ti/p/SqCmdnBbI9
----------------------------------------------------------------------------------------

情報商材 ブログランキングへ

 

プロフィール   コメント:0

出会いのチャンスを探す