統合失調症でもアフィリエイトで大きく稼ぐ秘訣と方法

統合失調症でもアフィリエイトで大きく稼ぐ秘訣と方法

「指ポキ」で指が太くなる理由 首や腰の関節鳴らしは命の危険も!

読了までの目安時間:約 5分

 


情報商材 ブログランキングへ

 

 

「指ポキ」で指が太くなる理由 首や腰の関節鳴らしは命の危険も!

 

 

 

首を鳴らしたり、指や手首を鳴らすと、

 

なんだかコリがとれたような気になって、

 

気持ちが良いものです。

 

でも、実はとっても危険な行為!

 

クセになっている人は、

 

今すぐやめる努力を始めましょう。

 

■関節で音が鳴る理由

 

関節が鳴る理由についてはいくつかの説があります。

 

現在最も有力だと考えられているのは、

 

関節の中にある液体が移動する時に気泡が発生し、

 

それが破裂する音という説です。

 

通常、関節の中の気泡はまわりの血管に

 

吸収されて大きくならないでいるのですが、

 

血行が悪くなると十分に吸収されなくなり、

 

気泡が大きくなってしまいます。

 

そのため、血行が悪ければ悪いほど、

 

音が鳴りやすくなります。

 

■「鳴らしたらコリがとれる」説は本当か

 

ボキッと関節が鳴った際に生じる衝撃波は、

 

気泡を小さくするため、

 

関節が動かしやすくなる気がします。

 

またストレッチによって伸ばされることで、

 

一瞬血行もよくなるため、

 

気持ちが良くなると感じます。

 

ただ、これはあくまでも“一瞬”の気持ち良さであり、

 

関節にとって良いことではありません。

 

特に首や腰の場合は、

 

骨の中に脊髄が入っているため、

 

鳴らし方によっては、

 

手足の麻痺や命に関わる危険もあるといわれます。

 

■「指を鳴らすと太くなる」説は本当か

 

よく、「指を鳴らすと太くなる」といわれますが、

 

これには根拠があります。

 

不必要に鳴らし続けると、

 

衝撃によって関節内部の軟骨などに炎症が起こり、

 

修復しようとして肥大化してくるというわけです。

 

首や腰では、増殖した骨が神経を圧迫し、

 

ますます激しい肩こりが生じたり、

 

頭痛、耳鳴り、坐骨神経痛、

 

椎間板ヘルニアなどの原因になることもあります。

 

なるべくポキッという音が鳴らないように、

 

ゆっくりストレッチを心がけることが大切です。

 

どうしても習慣になってしまっている…という人は、

 

整形外科でギブスをはめてもらうなど、

 

矯正の相談ができるようですよ。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

次号ではどんな面白ニュースが飛び出すでしょうか。

 

情報商材 ブログランキングへ

 

未分類   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
出会いのチャンスを探す
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。